作業スタッフ

多くの現場から支持を集める足場のレンタル業者

問題を一挙に解決

ヘルメット

食品を扱う飲食店や工場にとって大きな悩みのタネとなるのが、使用後の油の処理です。特に食品を製造する工場などでは、揚げ油など油脂を含む排水を大量に廃棄する必要があります。大量の汚泥も発生します。それらをそのまま下水に流してはもちろん環境に悪影響が出ますし、法律やモラルに反します。不当な廃棄処理は社会的にも大きな制裁を受けることになります。そのため汚水処理剤などを用いて適切に処理することが大切です。汚水処理剤を導入することは、コストの面でもかなりの効果を上げることができます。製菓工場のモデルケースの場合は、1日あたり約14万円もの汚泥を処理するコストがかかっていたといいます。しかし、汚水処理剤を使って汚泥濃度が変化したことにより、1日あたりの汚泥発生量を大幅に減らすことができました。その結果、処分するコストも大幅に削減し、1ヶ月ベースでは最大で180万円ものコストが削減できたといいます。ほかにも、スーパーマーケットや病院など、さまざまな施設で効果的に使用されており、経費削減を実現していると評判です。施設の規模にもよりますが、どの企業でもその効果を大きく実感しているといいます。さらに、汚水処理剤を選ぶときのポイントとしては、安全性の問題があります。食品を扱う施設では、特にニーズが高い問題です。汚水処理剤として、納豆菌など自然の菌を使用していたり、食品添加物を原料にしているものを使っているタイプであれば、安全面でも安心して利用できるといえます。