作業スタッフ

多くの現場から支持を集める足場のレンタル業者

簡単に備蓄し使用できる

複数の土のう袋

都市でも水害による被害が続発しています。近年は世界的に異常気象といわれるような大気の不安定な状況が続いており、国内でもゲリラ豪雨などが多発しているのです。そんな緊急事態に備えて吸水土嚢を保管している企業や、自治体が増加しているといいます。最近主流になっている吸水土嚢は、保管や使用、廃棄に至るまで扱う方法もコストの面でも大変優れており、これまでの土を使った土嚢とは特徴が大きく異なります。土嚢はその素材も進化を遂げており、従来よりも簡単に扱えるようになったのです。そのため、さまざまな企業で気軽に購入できる状況のため、備蓄が進んでいるといえます。最近の吸水土嚢の一番のメリットとしては、薄くて軽いという点が挙げられます。保管するのにスペースが要らないのです。さらに、使い方もとても簡単です。従来の土嚢は、砂を入れる必要がありました。これまでは、中身の砂も合わせて確保したり、保管したりする必要があったのです。また、いざ使用する際には、1つずつ袋に砂を入れて、運搬するため、重機や車両も必要ですし、多くの人の手も必要になります。最新型の吸水土嚢では、水を吸水させるだけですぐに使用できるため、従来のような手間もかからず、また、コストの心配もなく備蓄ができます。しかし使用する水には注意も必要です。淡水専用の吸水土嚢では、海水は使用できません。油が含まれる水も同様です。中性ではない成分を含む水では、膨張機能に問題が発生します。事前に淡水専用の吸水土嚢であることを確認した場合は、淡水だけを使用するようにしましょう。